本気でやるならこの中国語教材! 中国語教材一覧

中国の祝祭日

法定祝日と伝統的な記念日に分けて分類してみました。

<法定祝日>

●新年(元旦) 西暦1月1日
中国では「旧暦」に基づいて新年を祝うため、西暦の1月1日は重要視されていなかったが、最近では外国の影響からか西暦の元旦も盛り上がり始めている。

●春節(旧正月) 旧暦1月1日
春節は中国で一番大きな祝日であり、1週間くらいの連休となるほど。旧暦のため西暦の日付は毎年違う。

●労働節(メーデー) 西暦5月1日
いわゆるメーデー。この日から始まる約1週間の休暇は「五一黄金周」と呼ばれる。中国のゴールデンウィークにあたる。

●国慶節(建国記念日) 西暦10月1日
中華人民共和国の建国記念日。1949年10月1日に毛沢東が天安門で中華人民共和国の建国を宣言したことが由来。

<伝統的な記念日>
・元宵節 旧暦1月15日(元宵を食べたり、提灯を飾ったりして祝う)
・清明節 春分後15日(先祖の墓参りをする日)
・端午節 旧暦5月5日(戦国時代の「楚」の詩人・屈原が川に身を投じた日)
・中秋節 旧暦8月15日(名月を観賞する日)
・重陽節 旧暦9月9日(菊花酒を飲む習慣がある)
・臘八節 旧暦12月8日(釈迦が悟りを開いた日)


※この他にもバレンタインデーやエイプリルフール、子どもの日、クリスマスなど世界で一般的な記念日があります。


楽天市場で検索⇒★人気の中国語教材を楽天市場で探す★




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。